e-Taxソフトが新しいソフトウェアのインストールを構成中です。

e-TaxソフトをWindows 7 Home Premium 64bit(FMV AH700/5A)にインストールしたところ、プログレスバーは100%まで進んだが、「e-Taxソフトが新しいソフトウェアのインストールを構成中です。」と表示したまま5分待っても終わらない。

CPU利用率は60%から25%へ下がり、HDDアクセスランプも付いていないので、インストール処理は終わっているかもしれないと思い、[キャンセル]ボタンをクリックしたが、反応なし。タスクマネージャからeTaxソフトインストーラを終了した。

スタート>すべてのプログラムに「eTaxソフト」フォルダが作成されていたが、コントロールパネル>プログラムのアンインストールの一覧に「e-Taxソフト」が見当たらない。

スタート>すべてのプログラム>eTaxソフト>eTaxソフトのアンインストールをしようとするが、「初期インストールには使えません」と表示されてしまう。

ファイルコピーはしたが、レジストリにインストール情報の登録するところでつまずいているようだ。

再度インストーラを実行すると「別のインスタンスが存在します」と表示されてしまうので、Windows再起動。

いろいろ試してみた。

インストーラexeで右クリック>管理者として実行…
結果:NG

インストーラexeで右クリック>プロパティ>互換性タブ>Windows Vista SP2
(参考 http://naked30s.com/how-to-install-e-tax-software-successfully/)
結果:NG

ノートPCにつないでいる外部モニタを外した。
結果:NG

セキュリティソフトを無効にした。
結果:NG

再起動してF8、セーフモードとネットワークで起動、インストーラexeを実行
結果:OK
途中「レジストリに登録できませんでした ??data.dll」と表示されたが、いつのまにかインストール完了まで進んだ。

JenkinsのAndroid emulator plugin

AMD PhenomII 945+6GメモリにUbuntu 14.04 LTSをインストールし、Oracle JDK、kvm、jenkins、android studioをインストールしました。
ところが、Android emulator pluginのRun emulator with propertiesで自動作成した仮想マシンが動きません。
ターミナルから同じコマンドでエミュレータを起動しても、ps -ax | grep emu では表示されますが、adb devices -l で一覧に表示されません。

Android studio>Tools>AVD Managerで作成した仮想マシンは、ターミナルからエミュレータを起動しても、adb devices -lで表示されますし、adb shellでログインできました。

試行錯誤して、次のような設定でJenkinsでandroidビルドとテストをできるようになりました。

ディレクトリ構成の概要
/home/jenkins/.android/avd
/opt/android-sdk-linux
/var/lib/jenkins

Jenkinsインストール前にjenkinsユーザを作成しました。

kvmとlibvirtdグループにjenkinsユーザを追加しました。

Jenkinsをインストールしました。

Jenkinsで使うandroid sdkは、SDK Onlyをダウンロードして、/opt/android-sdk-linuxに設置しました。

デスクトップでAndroid studio>Tools>AVD Managerを起動し、仮想マシンを新規作成します。
例えば api_19_720x1280という名前で作成すると、/home/jenkins/.android/avd/api_19_720x1280.ini と /home/jenkins/.android/avd/api_19_720x1280.avd/* が作成されます。
(これは他のPCで作成したものをコピーしても動きます。その場合はconfig.iniとhardware-qemu.iniを編集して、コピー元PCのパスをコピー先PCにあわせて修正してください。)

Jenkins>Hoge_project>設定で、
Run an Android emulator during buildにチェックをつけ、
Run exsiting emulatorにチェックをつけ、
AVD nameに api_19_720x1280 を入力しました。

今まで4GメモリのMacBookAirで20分以上かかっていたビルドとテストが5分でできるようになりました。

Linux RAID-0, RAID-1, RAID-5 sysbench

80GB, 80GB, 500GB, 500GBの4台でRAID-0、RAID-1、RAID-5を作成し、sysbenchを測定した。
速度の違うディスクが混在したRAID-0のseqrdはどうなるか、RAID-1のseqrdがSimpleDiskのseqrdより速くなるか、に注目した。

(1) PC
MB: GA-MA78GM-S2H ver1.1 (AMD 780G, AMD SB700)
CPU: AMD PhenomII X4 945
MEM: DDR2-800 2GB x 2
OS: Ubuntu 14.04 32bit

(2) disk
/dev/sdb1: ST380815AS (80GB)に、20GB ext4 partition
/dev/sdc1: ST380815AS (80GB)に、20GB ext4 partition
/dev/sdd1: HDS721050CLA362 (500GB)に、20GB ext4 partition
/dev/sde1: HDS721050CLA362 (500GB)に、20GB ext4 partition

(3) simple disk (partition 20GB ext4)

(4) RAID-0 (volume 40GB, partition 20GB ext4)

#11: seqrdとseqwrは、Simple Diskの合計に近い結果となった。
rndrdとrndwrは、Simple Disk 1台より少し速い程度。

#12: seqrdとseqwrは、Simple Diskの合計に近い結果となった。
rndrdとrndwrは、Simple Disk 1台より少し速い程度。

#13: 80GBディスク+500GBディスクでRAID-1を作成。
#14: 500GBディスク+80GBディスクでRAID-1を作成。
処理時間は、80GBディスク+500GBディスクではなく、80GBディスクx2となった。

#15:
#16:
処理時間は、80GBディスクx2+500GBディスクx2ではなく、80GBディスクx4となった。

(5) RAID-1 (volume 20HB, partition 20GB ext4)

RAID-1のseqrdがSimpleDiskのseqrdより速くなるか注目していたが、同じであった。
rndwrは、Simple Diskより遅くなった。

(6) RAID-5 (volume 60GB, partition 20GB ext4)

あえて比較するなら、#22(500GBディスク2台のRAID-1)より多少速い程度。

(7) mdadm
mdadm –create /dev/md0 –level=stripe –raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1
mdadm –create /dev/md0 –level=mirror –raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1
mdadm –create /dev/md0 –level=5 –raid-devices=4 /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1 /dev/sde1

(8) sysbench
トータルファイルサイズ(既定では2048MB)を5000Mで測定した。
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M prepare
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqwr run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndwr run
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M cleanup

Linux暗号化パーティション sysbench

(1) PC
M/B: GigaByte GA-MA78GM-S2H ver1.1 (AMD 780G, AMD SB700)
CPU: AMD PhenomII X4 945
Mem: DDR2-800 2GB x 2
OS: Ubuntu 14.04 32bit

(2) ST380815AS (80GB)

通常ext4: /dev/sdc1に20GBのext4を作成した。
暗号化ext4: 通常ext4を削除し、/dev/sdc1に20GBの暗号化パーティションext4を作成した。(パスフレーズ長は32文字)

hdparm- t seqrd seqwr rndrd rndwr
通常ext4 68 MB/sec 73 68 4.3 1.1
暗号化ext4 69 73 68 3.5 1.1

暗号化後もほとんど違いはなかった。

(3) HDS721050CLA362 (500GB)

通常ext4: /dev/sdceに20GBのext4を作成した。
暗号化ext4: 通常ext4を削除し、/dev/sdceに20GBの暗号化パーティションext4を作成した。(パスフレーズ長は32文字)

hdparm- t seqrd seqwr rndrd rndwr
通常ext4 129 MB/sec 126 116 4.6 2.2
暗号化ext4 125 86 104 3.8 2.1

暗号化後、seqrdが86 MB/secと遅くなった。

(5) sysbench
トータルファイルサイズ(既定では2048MB)を5000Mで測定した。
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M prepare
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqwr run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndwr run
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M cleanup

buffalo LS420D sysbench

(1) NAS
buffalo LinkStation LS420D
2TB + 2TBをRAID-1で運用。
ST2000DM001-1CH1

M/B: GigaByte GA-MA78GM-S2H ver1.1 (AMD 780G, AMD SB700)
CPU: AMD PhenomII X4 945
Mem: DDR2-800 2GB x 2
OS: Ubuntu 14.04 32bit

(2) sysbench fileio result
seqrd: 84 MB/sec
seqwr: 63 MB/sec
rndrd: 1.2 MB/sec
rndwr: 4.9 MB/sec

ちなみにカタログの転送速度は100MB/sec。

(3) cifs-utils package
windows共有をマウントするには、cifs-utilsパッケージが必要。
デスクトップLauncherのUbuntuソフトウェアセンターを開き、cifs-utilsを検索してインストールした。
(または apt-get install cifs-utils)

(4) mount
sudo mount -t cifs //192.168.xx.xx/shared /media/taro/shared -o uid=taro,gid=taro

(5) sysbench
トータルファイルサイズ(既定では2048MB)を5000Mで測定した。
mkdir /media/taro/shared/temp
cd /media/taro/shared/temp
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M prepare
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqwr run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndwr run
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M cleanup

ログインとサインイン

日本語表記では「ログイン」が多いようです。

サイト ログイン日本語表記 サインアップ日本語表記 ログイン英語表記 サインアップ英語表記
WordPress ログイン サインアップ Log In Signup
Yahoo!JAPAN ログイン 新規取得
YAHOO! Sign In Create New Account
Google ログイン アカウントを作成 Sign in Create an account
FaceBook ログイン アカウント登録 Log In Sign Up
Twitter ログイン Twitterに登録する Sign in Sign up
楽天市場 ログイン 楽天会員に新規登録 Login Create a new Rakuten membership
Nifty ログイン 新規登録
amazon.co.jp サインイン サインイン sign in sign in

各サイトの「ログイン状態を保存する」チェックボックスのname属性、id属性

ログアウトしないままブラウザを閉じても、次回サイトにアクセスしたとき、ユーザーIDとパスワードを入力することなくログイン状態を保持する機能。

サイト 日本語表記 英語表記 name属性 id属性
WordPress ログイン状態を保存する Remember Me rememberme rememberme
Yahoo!JAPAN (英語表記はYAHOO!から) ログインしたままにする Keep me signed in .persistent persistent
Google ログイン状態を保持する Stay signed in PersistentCookie PersistentCookie
FaceBook ログインしたままにする Keep me logged in persistent persist_box
Twitter 保存する Remember me remember_me (なし)
楽天市場 ブラウザを閉じるときオートログインを無効にする Turn off automatic log in when I close my browser auto_logout auto_logout
Nifty ログインしたままにする (不明) remember saveLogin
amazon.co.jp (チェックボックスなし。常に保存される) (なし) (なし) (なし)

MODX Japan関連

■MODX Japan (MODX 日本公式サイト)
http://modx.jp/
過去のリリースのダウンロードリンクは見つからなかった。

■MODX Japan github
https://github.com/modxcms-jp/evolution-jp
安定版はstable、最新版はrevision。
1.0.10Jまでは、tagあり。
1.0.10J-r1以降は、Log Messagesを検索するとでてきます。
manager/includes/version.inc.phpにバージョンとリリース日が記述されているので、追跡の参考に。

ただしgithubとは別に、非公開のリリース用ブランチがあるようです(*2)。過去のリリースのzipが見つからない場合は、フォーラムで聞いてみたほうがいいかもしれません。

(*2) 1.0.10Jと1.0.14J-r4について、gitとダウンロードzipのWinMerge結果は一致しなかった。

■リリース履歴(MODX Japan ニュースから)
2014-09-05 1.0.14J-r4
2014-08-11 1.0.14J-r3 (*1)
2014-07-27 1.0.14J-r2
2014-07-13 1.0.14J-r1 (*1)
2014-06-12 1.0.14J
2014-05-13 1.0.13J-r1
2014-04-26 1.0.13J
2013-12-31 1.0.12J-r1
2013-10-12 1.0.12J
2013-08-03 1.0.10J-r3 (*1)
2013-07-14 1.0.10J-r2
2013-06-24 1.0.10J-r1 (*1)
2013-05-02 1.0.10J

(*1) githubのstable/revisionブランチのMessageで見つからなかった。

■MODX Japan Google Code
1.0.10J-r3.zip 以前のファイル
https://code.google.com/p/modx-ja/

■MODX Japan フォーラム
http://forum.modx.jp/index.php

■MODX 公式サイト
http://modx.com/

Selenium IDE: Gosub Control: サブルーチン化のコツ

BASIC言語に倣って、サブルーチンではない部分をグローバル部と呼ぶことにします。

(1) サブルーチンは後半にまとめて記述する。
グローバル部とサブルーチンが交互に現れると、グローバル部が途切れ途切れになってしまい、読む人にとって見通しが悪くなるように思います。

推奨例

推奨しない例

(2) サブルーチン内でverifyをしない。

Selenium IDEでテストケースを実行すると、verifyの失敗箇所が赤く表示されて、どこで失敗したのか一目瞭然です。

ところがサブルーチン内でverifyしていて2回gosubで呼んでいる場合、表示されているのは2回目の実行結果です。1回目の実行結果を知るには、ログを見る必要があります。

そこでサブルーチン内では調べたい値をverifyせずにstoreして、グローバル部に戻ってからverifyするようにしましょう。1回目、2回目、どちらの実行結果もグローバル部に赤・緑が残ります。

推奨例

推奨しない例

Selenium IDE: Gosub Control 使い方

定型操作のlogin

gosubを使わない例

gosubを使って、login user、login admin、logoutをサブルーチン化した例