Selenium IDE ユーザー拡張スクリプトでstore変数を参照する

Selenium IDE で、store変数USERNAMEに “taro” を保存する。
コマンド: store
対象: taro
値: USERNAME

store変数USERNAMEをinputタグ(id=”username”)に入力する。
コマンド: type
対象: id=username
値: ${USERNAME}

ユーザ拡張スクリプト(jsファイル)で独自コマンドを定義する。
http://oss.infoscience.co.jp/seleniumhq/docs/08_user_extensions.html

ユーザ拡張スクリプト(jsファイル)の設定箇所
Selenium IDE>オプション>設定>Selenium Core 拡張スクリプト(user-extensions.js)

ユーザ拡張スクリプトの例

Selenium.prototype.doEchoUsername = function() {
	// 独自コマンド echoUsername
	// store変数USERNAME をログに表示する

	// Selenium IDEのログに表示する
	this.doEcho( storedVars.USERNAME );

};