Linux RAID-0, RAID-1, RAID-5 sysbench

80GB, 80GB, 500GB, 500GBの4台でRAID-0、RAID-1、RAID-5を作成し、sysbenchを測定した。
速度の違うディスクが混在したRAID-0のseqrdはどうなるか、RAID-1のseqrdがSimpleDiskのseqrdより速くなるか、に注目した。

(1) PC
MB: GA-MA78GM-S2H ver1.1 (AMD 780G, AMD SB700)
CPU: AMD PhenomII X4 945
MEM: DDR2-800 2GB x 2
OS: Ubuntu 14.04 32bit

(2) disk
/dev/sdb1: ST380815AS (80GB)に、20GB ext4 partition
/dev/sdc1: ST380815AS (80GB)に、20GB ext4 partition
/dev/sdd1: HDS721050CLA362 (500GB)に、20GB ext4 partition
/dev/sde1: HDS721050CLA362 (500GB)に、20GB ext4 partition

(3) simple disk (partition 20GB ext4)

(4) RAID-0 (volume 40GB, partition 20GB ext4)

#11: seqrdとseqwrは、Simple Diskの合計に近い結果となった。
rndrdとrndwrは、Simple Disk 1台より少し速い程度。

#12: seqrdとseqwrは、Simple Diskの合計に近い結果となった。
rndrdとrndwrは、Simple Disk 1台より少し速い程度。

#13: 80GBディスク+500GBディスクでRAID-1を作成。
#14: 500GBディスク+80GBディスクでRAID-1を作成。
処理時間は、80GBディスク+500GBディスクではなく、80GBディスクx2となった。

#15:
#16:
処理時間は、80GBディスクx2+500GBディスクx2ではなく、80GBディスクx4となった。

(5) RAID-1 (volume 20HB, partition 20GB ext4)

RAID-1のseqrdがSimpleDiskのseqrdより速くなるか注目していたが、同じであった。
rndwrは、Simple Diskより遅くなった。

(6) RAID-5 (volume 60GB, partition 20GB ext4)

あえて比較するなら、#22(500GBディスク2台のRAID-1)より多少速い程度。

(7) mdadm
mdadm –create /dev/md0 –level=stripe –raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1
mdadm –create /dev/md0 –level=mirror –raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1
mdadm –create /dev/md0 –level=5 –raid-devices=4 /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1 /dev/sde1

(8) sysbench
トータルファイルサイズ(既定では2048MB)を5000Mで測定した。
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M prepare
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqwr run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndwr run
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M cleanup