jpostal ver2.8

jpostalの設置方法を紹介してくださる記事を見かけるようになりました。ありがとうございます。

さてRailsにjpostalを導入する方法の紹介記事がありました。

Railsでjpostal.jpを使って住所を自動入力する
http://ruby-rails.hatenadiary.com/entry/20150112/1421029284
しかし、「都道府県」がうまく入力されていません。
これは、プルダウンのoptionのvalue属性がPrefectureのidを表示しており、jpostal.jsで取得した都道府県は文字列(東京都、埼玉県など)のため、value属性がマッチせず、自動で選択されません。

Railsの住所フォームはOPTIONタグのvalueに数値(おそらく自治体コード?)を利用しているようです。この記事後半では、Railsビューを修正して、<option value=”北海道”>北海道</option>と表示する方法が説明されていました。

そこで、jspotal ver/2.8で、次のどの場合でも選択できるようにしました。

サンプルページ
http://jpostal-1006.appspot.com/sample_1_b.html

設置方法やjavascriptの記述方法はこれまでと同じです。

jquery.jpostal.jsの新サーバ:jpostal-1006.appspot.com

jpostalの設置サーバをjpostal-1006.appspot.comに変更しました。
これからご利用の場合は、README.txtを読んでください。

すでにjpostal.googlecode.com/svn/trunk/jquery.jpostal.jsをご利用の場合、
HTMLを次のように修正してください。
修正前
<script src="//jpostal.googlecode.com/svn/trunk/jquery.jpostal.js">
修正後
<script src="//jpostal-1006.appspot.com/jquery.jpostal.js">

jpostal.googlecode.com は郵便データ2015-06-30版のままとし、GoogleCodeサービス終了まで継続します。

GoogleCodeサービス終了予定

2016-01-26 GoogleCodeがサービス終了するそうです。
http://google-opensource.blogspot.jp/2015/03/farewell-to-google-code.html

jpostalでは、jpostal.googlecode.comとして利用しています。
次のサーバが決まり次第、お知らせします。

Selenium IDE: Gosub Control

Selenium IDE: Gosub Controlをリリースしました。
Selenium IDEにBASIC言語ライクなgosub、sub、endsub、returnコマンドを追加します。

https://github.com/ninton/selenium-ide-gosubcontrol
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/selenium-ide-gosub-control/

・定型作業をサブルーチン化して、testcaseを読みやすくしましょう。

・定型作業ではなくても、コメントを詳しく記述するよりは、サブルーチン化のほうが効果的な場合があります。

・testcaseをまたいだサブルーチン呼び出しはできません。
同じ内容だとしてもtestcaseごとにサブルーチンを記述する必要があります。

・sub ~ endsub のネストはできません。

・サブルーチン内から別のサブルーチンへgosubできます。

・参考
gotoIfやwhile/endWhileを追加するプラグイン Selenium IDE: Flow Control
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/flow-control/
https://github.com/davehunt/selenium-ide-flowcontrol

サンプル1
gosubから呼ばれた場合、subとendsubの間を実行します。
次のサンプルは、x_add_1 を3回読んでいるので、Xの値は3になります。
endsubの後ろのverifyExpressionでは、Xの値は4ではなく、3のままです。

サンプル3
gosubから呼ばれたのではなく、単にsubに到着した場合、endsubまでスキップします。
次のサンプルでは、x_add_1を呼んでいないので、Xの値は0のままです。

cakephp plugin CryptoDbをgithubで公開しました

github / ninton / cakephp.CryptoDb

特徴
1) 平文と暗号キーがMySQL binlogに残りません。

2) ivを毎回生成します。そのため同じ平文、同じキーで暗号化しても同じ結果になりません。
(暗号データにivを含んでいます)

—————————————-
設定手順
—————————————-
YourModel.messageを暗号化してDB保存したい場合

1) edit App/Config/bootstrap.php

2) create plugins/CryptDb/Config/bootstrap.php

plugins/CryptDb/Config/bootstrap.sample.phpも参照してください。

*注意*
サービスを開始したら、暗号キーを変更してはいけません。
古いキーで暗号化したフィールドは、新しいキーで復号できません。

3) edit App/Model/YourModel.php

App::uses()、extends Crypto、$cryptoFieldsの3点を編集してください。

4) call save() and find()

暗号/復号処理を記述する必要はありません。

phpMyAdmin (or mysql command) で直接データベースを見ると、暗号化されています。
–> ‘a:4:{s:4:”algo”;s:12:”rijndael-256″;s:4:”mode”;s:3:”cbc”;s:2:”iv”;s:44:”56…’

—————————————-
CakeTest fixture
—————————————-
CakeTestのfixtureには、暗号化したデータを記述してください。
記述したとおりにINSERTされます。

—————————————-
暗号化せずに、saveする方法
—————————————-
save()ではなく、saveAll()を使います。

—————————————-
復号せずに、findする方法
—————————————-

jquery.jpostal.js ver2.1をリリース

郵便番号から住所入力するjQueryプラグインです。
郵便データは 2014-06-30版です。

⇒郵便番号から住所入力のサンプルフォーム

公開サイト
https://github.com/ninton/jquery.jpostal.js

https://code.google.com/p/jpostal/

既存フォームにjquery.jpostal.jsを設定する作業のご依頼、弊社サーバの郵便データファイルのご利用申し込みをお待ちしています。
料金について

※githubまたはgooglecodeからダウンロードして、ご自分のサイトにご自分で設定する場合は無料でご利用できます。

FlickPass:パスワード生成

FlickPassにパスワード生成ページを追加しました。
FlickPass

パスワード16文字を生成したい場合は、[パスワード(8文字)]を2回クリックしてください。

パスワード12文字を生成したい場合は、[パスワード(8文字)]を2回クリックして、4文字削除してください。

Ninton合同会社を設立

2013年 1月 8日、Ninton合同会社を設立しました。

ソフトウェア開発のノウハウを活かして、クラウドサービスを展開していく予定です。

どうぞよろしくお願いします。

 

「ニフティクラウド」試用レポート

インプレス社のクラウド&サーバーホスティング完全ガイドに記事執筆しました。

サーバーの設定からオートスケールまで「ニフティクラウド」試用レポート
サーバーの作成とSSHログイン、ファイアウォール設定の変更 ~ニフティクラウドの操作~
サーバータイプや料金、機能を確認しよう ~ニフティクラウドのサービス概要~
ディスクの増設と、基本監視、サーバータイプ別パフォーマンス測定
ロードバランサーとサーバーコピーの設定による負荷分散