UbuntuにVisual Studio Codeをインストールするには

Visual Studio CodeはMicrosoftが開発しているテキストエディターです。macOS、Windows、Linuxに対応しています。

次の特徴があり、おすすめのテキストエディターです。

  • 起動が速く、編集時の動きが軽い。
  • 全ファイル検索や全ファイル置換の操作をしやすい。
  • 問題なく、日本語入力できます。
  • Node.js をデバッグ実行するとき、Visual Studio Code内のエディターでブレークポイントを設定したり、ステップ実行できます。

Visual Studio Codeだけでなく、最近のIDEやテキストエディターはサジェスト機能がすごく、うっかりして、全然違う、とても長いAPI名を入力していることがあります。

snap

snapからインストールすると、日本語入力ができません。次節で説明する公式サイトの.debファイルをダウンロードしてインストールすると、日本語入力できました。

snapコマンドでインストールできます。
Snap Store

$ sudo snap install code --classic

公式サイトからダウンロード

公式サイト>Downloadページから、Linux用の.debファイルをダウンロードします。

ターミナルを起動し、aptコマンドで、ダウンロードしたdebファイルをインストールします。

$ cd ~/Downloads $ ls code* code_1.47.3-1595520028_amd64.deb $ sudo apt install ./code_1.47.3-1595520028_amd64.deb

debファイルからインストールするときは、「./」をつけてね。

ターミナルから起動

デスクトップから起動する場合は、左下のアプリケーション → アプリケーション一覧から、または、左上のアクティビティ → 検索欄に「v」 → 結果一覧から、起動します。

ターミナルから起動する場合、コマンド名は、"code" です。作業ディレクトリを指定して、codeコマンドを起動します。

$ code ~/myproject

または、作業ディレクトリにcdしてから、カレントディレクトリを指定して、codeコマンドを起動します。ぼくは、続けて git gui &するので、こちらの使い方のほうが多いです。

$ cd ~/myproject $ code . # git gui を起動 $ git gui &
タイトルとURLをコピーしました