Linux暗号化パーティション sysbench

(1) PC
M/B: GigaByte GA-MA78GM-S2H ver1.1 (AMD 780G, AMD SB700)
CPU: AMD PhenomII X4 945
Mem: DDR2-800 2GB x 2
OS: Ubuntu 14.04 32bit

(2) ST380815AS (80GB)

通常ext4: /dev/sdc1に20GBのext4を作成した。
暗号化ext4: 通常ext4を削除し、/dev/sdc1に20GBの暗号化パーティションext4を作成した。(パスフレーズ長は32文字)

hdparm- t seqrd seqwr rndrd rndwr
通常ext4 68 MB/sec 73 68 4.3 1.1
暗号化ext4 69 73 68 3.5 1.1

暗号化後もほとんど違いはなかった。

(3) HDS721050CLA362 (500GB)

通常ext4: /dev/sdceに20GBのext4を作成した。
暗号化ext4: 通常ext4を削除し、/dev/sdceに20GBの暗号化パーティションext4を作成した。(パスフレーズ長は32文字)

hdparm- t seqrd seqwr rndrd rndwr
通常ext4 129 MB/sec 126 116 4.6 2.2
暗号化ext4 125 86 104 3.8 2.1

暗号化後、seqrdが86 MB/secと遅くなった。

(5) sysbench
トータルファイルサイズ(既定では2048MB)を5000Mで測定した。
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M prepare
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=seqwr run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndrd run
sync; sysctl -w vm.drop_caches=3
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M –file-test-mode=rndwr run
sysbench –test=fileio –file-total-size=5000M cleanup