Jenkinsサーバでandroidライセンスに許諾するには

Jenkinsのログに、次のようなエラーが残っていました。

> Failed to install the following Android SDK packages as some licences have not been accepted.
     build-tools;29.0.0 Android SDK Build-Tools 29.0.0
  To build this project, accept the SDK license agreements and install the missing components using the Android Studio SDK Manager.
  Alternatively, to transfer the license agreements from one workstation to another, see http://d.android.com/r/studio-ui/export-licenses.html

最近のgradleは、必要なAndroid SDKをダウンロードもしてくれるようになりました。ところが、ライセンス契約の承認がないので、ダウンロードできない、ということのようです。

Android Studio 3.3以降の場合、次のようにlicensesディレクトリをJenkinsにコピーしておくことで、ライセンス契約を承認することができます。

開発PCでAndroid Studioを起動して、[Tools] > [SDK Manager]をクリックして、SDK Managerを起動します。

SDK Managerで、必要なSDKにチェックして、インストールします。途中、ライセンス契約を承認します。すると、承認済みライセンスがlicensesディレクトリに保存されます。

開発PCのAndroid SDKのホーム下のlicensesディレクトリを、JenkinsサーバのAndroid SDKのホーム下にコピーします。

あらためてJenkinsでビルドすると、必要なSDKをダウンロードし、無事ビルドできました。

参考URL

タイトルとURLをコピーしました