rbenvをインストールするには

Rubyの複数バージョンをインストールしたり、切り替えたりするツールです。

何かをインストールするまでいろいろ大変ね!

Mac OS X

Mac OS X 10.15.4

brewでインストールできます。rbenvとruby-buildがインストールされます。

$ brew install rbenv

環境変数を追加します。筆者は .bash_profile 、.bashrcのファイル構成なので、.bashrc に追加しました。

6行全てをコピペして、ターミナルで実行してください。

cat <<'EOT' >> ~/.bashrc # rbenv export PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH eval "$(rbenv init -)" EOT

いったんターミナルを閉じて、もう一度ターミナルを開きます。

$ rbenv --version rbenv 1.1.2

使い方

Ubuntu 18.04

rbenvとruby-buildの2つをgit cloneします。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv $ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins

環境変数を.bashrc に追加します。6行全てをコピペして、ターミナルで実行してください。

cat <<'EOT' >> ~/.bashrc # rbenv export PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH eval "$(rbenv init -)" EOT

いったんターミナルを閉じて、もう一度ターミナルを開きます。

$ rbenv --version rbenv 1.1.2-28-gc2cfbd1

rbenvのサブコマンドに install が表示されない場合は、ruby-buildが認識されていません。~/.rbenv/plugins/ruby-buildにgit cloneしているか確認してください。

$ rbenv rbenv 1.1.2-28-gc2cfbd1 Usage: rbenv <command> [<args>] Some useful rbenv commands are: commands List all available rbenv commands local Set or show the local application-specific Ruby version global Set or show the global Ruby version shell Set or show the shell-specific Ruby version install Install a Ruby version using ruby-build uninstall Uninstall a specific Ruby version rehash Rehash rbenv shims (run this after installing executables) version Show the current Ruby version and its origin versions List installed Ruby versions which Display the full path to an executable whence List all Ruby versions that contain the given executable See `rbenv help <command>' for information on a specific command. For full documentation, see: https://github.com/rbenv/rbenv#readme

使い方

使い方

インストール可能なバージョン一覧を表示します。

$ rbenv install --list

特定のバージョンのrubyをインストールします。gemも同時にインストールされます。ここでは、2.7.1をインストールします。

$ rbenv install 2.7.1

インストール済みのバージョンを表示します。systemは、rbenvインストール前からインストールされていた /usr/bin/ruby です。Max OS Xでは 2.6.3、Ubuntu 18.04では2.5.1です。

* system (set by /Users/aoki.makoto/.rbenv/version) 2.7.1

global設定を2.7.1に切り替えます。

$ rbenv global 2.7.1 $ rbenv version 2.7.1 (set by /Users/aoki.makoto/.rbenv/version) $ ruby --version ruby 2.7.1p83 (2020-03-31 revision a0c7c23c9c) [x86_64-darwin19] $ gem --version 3.1.2 $ cat /Users/aoki.makoto/.rbenv/version 2.7.1

別のディレクトリ、例えば ~/Documentsに移動して、local設定をsystemに切り替えます。

$ cd ~/Documents $ rbenv local system $ rbenv version * system (set by /Users/aoki.makoto/Documents/.ruby-version) 2.7.1 $ ruby --version ruby 2.6.3p62 (2019-04-16 revision 67580) [universal.x86_64-darwin19] $ gem --version 3.0.3 $ cat .ruby-version system

シバンを記述するときは、#!/usr/bin/env ruby とします。rbenv local、rbenv globalの設定にしたがって、rubyが起動します。

#!/usr/bin/env ruby puts RUBY_VERSION
$ ./version.rb 2.7.1

シバンを#!/usr/bin/rubyとすると、rbenvインストール以前の/usr/bin/rubyが起動します。

#!/usr/bin/ruby puts RUBY_VERSION
$ ./version.rb 2.6.3
タイトルとURLをコピーしました