Ubuntu18.04 cronログを/var/log/cron.logに書き出すには

Ubuntu18.04のインストール直後は、cronログが有効になっていません。

cronログを/var/log/cron.logに残すようにするには、/etc/rsyslog.d/50-default.confの10行目を次のように編集します。

編集前

#cron.* /var/log/cron.log

編集後

cron.* /var/log/cron.log

cronサービスをリスタートします。

$ sudo service cron restart

ansible

マイブームで、ターミナルでsudoでインストールや設定を試した後、ansible playbookに書いて、自PCへansible-playbookを実行するようにしています。

ansible playbookでは、次のように書きます。

- name: /var/log/cron.log hosts: default become: True tasks: - name: replace /etc/rsyslog.d/50-default.conf "^#cron.* /var/log/cron.log" "cron.* /var/log/cron.log" replace: dest: /etc/rsyslog.d/50-default.conf regexp: '^\s*#(cron\.\*\s+/var/log/cron\.log)' replace: '\1' - name: sudo service cron restart service: name: cron state: restarted
タイトルとURLをコピーしました