Mac OS Xでgit guiをインストールするには

Git(ギット)はバージョン管理システムです。業界標準と言っていいぐらい、よく使われています。gitコマンド自体はCUIコマンドで、ターミナルで実行します。

数多くのサードパーティ製のGUIクライアントがあり、TortoiseGit(トータスギット)やATLASSIAN社のSourcetree(ソースツリー)が有名です。

実は、Gitには公式GUIのgit guiとgitkがあります。ほとんどの操作はgit gui、ブランチ履歴はgitkです。初心者向きとは言えませんが、ある程度Sourcetreeを使ったことがあるなら、問題なく操作できます。

ところが、Mac OS X標準のGitは、git guiやgitkが使えないです。git guiを使いたい場合は、homebrewでインストールします。

インストール前に、Mac標準Gitの場所とバージョンを確認しておきます。

$ which git
/usr/bin/git

$ git --version
git version 2.21.1 (Apple Git-122.3)

インストール

homebrewでインストールします。brew自体のアップデートで時間がかかる場合があります。

$ brew install git git-gui

whichコマンドでインストールされた場所を確認してください。また、バージョンも確認してください。

$ which git
/usr/local/bin/git

$ git --version
git version 2.25.2

アンインストール

homebrewでアンインストールします。

$ brew remove git git-gui
Uninstalling /usr/local/Cellar/git/2.25.2... (1,446 files, 43.9MB)
Uninstalling /usr/local/Cellar/git-gui/2.25.2... (79 files, 2.2MB)

使い方

gitリポジトリに移動してから、末尾に&をつけて、git gui を起動してください。

$ cd ~/projects/myapp
$ git gui &

ブランチ履歴を表示するには、メニューのリポジトリ>全てのブランチの履歴を見る、をクリックしてください。別のウィンドウにコミットグラフが表示されます。

または、ターミナルで 末尾に&をつけて、gitkを起動してください。

$ cd ~/projects/myapp
$ gitk &
タイトルとURLをコピーしました