Pocket

3つのgitのGUIクライアント、TortoiseGit、Sourcetree、git guiについて、簡単なレビューを書きます。

各OSへの対応

WindowsMac OS XLinux
TortoiseGit
Sourcetree
git gui

TortoiseGit

TortoiseGitは、Windows向けのエクスプローラ統合型のgitクライアントです。

ユーザー登録は不要です。

エクスプローラでgitリポジトリのフォルダを表示して、フォルダ上で右クリックして、CommitやPull、Pushを選びます。

Language Packに日本語もあるので、各種表示を日本語表示にできます。

Subversion用のTortoiseSVNとほぼ同じUIでだったので、gitに移行してから使い始めました。

本来gitは、変更したファイル、ステージングファイル、コミットの段階があります。TortoiseGitは簡略化し、変更したファイル、コミットにしています。

Windowsユーザーで次のような人に、TortoiseGitをおすすめします。

  • エクスプローラーのコンテキストメニュー操作が好みの人
  • gitのステージング操作がなくても気にしない人

Sourcetree

SourcetreeはATLASSIAN社が開発しています。Mac OS X向け、Windows向けが用意されています。

インストール時に、My Atlassianへの登録と、Bitbucket Cloudの登録が必要です。

画面は2つあります。1つはリポジトリ一覧ウィンドウ、もう一つはリポジトリ詳細ウィンドウです。洗練されたUIでとても使いやすいです。

リポジトリ詳細ウィンドウのツールバーには、Pull/Push/Fetch/Branchなどのボタンがあり、1クリックで操作できます。

ぼくは、MacBookAirを使うようになってから、Sourcetreeを使いはじめました。Sourcetreeを使うようになってから、Fetchの意味を理解しました。

次のような人に、Sourcetreeをおすすめします。

  • Mac OS Xユーザー
  • Windowsユーザーで、gitのステージングを操作したい人

git gui

git guiは、Linux、macos、Windows、どのOSにも対応しています。

ターミナルでgitリポジトリに移動して、git gui &を実行すると、git guiウィンドウが表示されます。

git initやgit cloneは、git guiを使うまでもなく、ターミナルで操作したほうが手軽です。その他のほとんどの操作は、git guiで操作したほうが簡単です。

git guiでプルリクはできませんが、githubのダッシュボードでプルリクするので、特に不便は感じません。

ぼくの場合は、メインPCをUbuntuにしたので、他に選択肢がなく、しかたなくgit guiを使いはじめました。最初のうちは、Sourcetreeと比べて使いにくいなあと感じましたが、慣れてくると全く気にならなくなりました。

次のような人に、git guiをおすすめします。

  • 3つのOSで同じgitクライアントを使いたい人
  • CUIのgitはつらい人