macOSに公式git guiをインストールするには

次の記事で、homebrewでgit guiをインストールする方法を説明しています。

(以下、Git公式サイトからダウンロードしてインストールする方法です)

git guiは、gitの標準GUIクライアントです。

macOSで公式git guiを使おうとしたら、Homebrewでインストールしたgitには、git guiがありませんでした。

インストール

次の手順で、gitの公式サイトからダウンロード・インストールしてください。

gitの公式サイトの「Click here to download manualy」をクリックしてください。SourceForgeサイトへ移動して、git-2.21.0-intel-universal-marerics.dmgファイルのダウンロードが始まります。

ウィンドウが開き、その中に、git-2.21.0-intel-universal-mevericks.pkgアイコンが表示されています。pkgアイコンをダブルクリックしてください。

「開発元が未確認...」とダイアログが表示されるので、いったんダイアログを閉じます。

システム環境設定>セキュリティとプライバシーを開くと、ダウンロードしたアプリケーションの実行許可の下に、pkgファイル名が表示されています。その右側の[このまま開く]ボタンをクリックしてください。

画面の表示にしたがって操作してください。

ターミナルを開き、インストールされた場所、バージョンを確認してください。

$ which git
/usr/local/bin/git

$ git --version
git version 2.21.0

gitリポジトリに移動してから、末尾に&をつけて、git gui を起動してください。

$ cd myproject
$ git gui &

リポジトリの履歴を表示するには、メニューのリポジトリ>全てのブランチの履歴を見る、をクリックしてください。別のウィンドウにコミットグラフが表示されます。

アンインストール

ターミナルを開き、アンインストール用のスクリプトを実行してください。

$ cd /usr/local/git/

$ ./uninstall.sh 
This will uninstall git by removing /usr/local/git/, and symlinks
Type 'yes' if you are sure you wish to continue: yes
Password:
Forgot package 'com.git.pkg' on '/'.
Uninstalled
タイトルとURLをコピーしました